クレンジングの意味と種類

クレンジングとは、化粧を落とすこと、またはそれに用いる化粧品のことです。
汚れを落とす、化粧を落とすといった意味からきています。

 

化粧品には、肌を美しく見せて落ちにくいことが必要なので、大抵の場合主成分が油性の物が使われてます。
これは、普通の洗顔料や石鹸では落としにくため、クレンジングを使って洗顔をする必要があります。

 

普通の洗顔料や石鹸で化粧品を落としにくい理由は、水と油ではうまくなじまず分離してしまうためです。
油分を効率よく落とすため、クレンジングは主に油分と界面活性剤でできています。

 

界面活性剤とは、水と油のように混ざらないものをなじませる効果を持つ物質です。
化粧品の油分は、同じ油でなじませれば落とすことはできますが、そのままでは充分に洗い流すことができません。

 

つまり、油分によって浮かせて、界面活性剤によって落とすという仕組みです。

 

油分と界面活性剤の成分のバランスにより、クレンジングの洗浄力や、肌にかける負担が変わってきます。

 

クレンジングにはミルク・クリーム・オイルなどのタイプがあり、肌質・化粧品にあったクレンジングを選ぶことが重要です。
用途に合った正しいクレイジングを選ぶことには、肌を守るための大切な意味があります。 

 

いいとこ取り!ホットクレンジングとは

ホットクレンジングとは温かみのあるクレンジング剤で、硬くなってしまっている肌を和らげることが出来ます。

 

肌を柔らかくするためしっかりメイクを落とすことができ、汚れや皮脂を残さないところがメリットの一つです。
肌に必要な潤いは残し、必要な成分を与えることも可能です。

 

基本的にはどのようなタイプの肌質でも使うことが出来る化粧落としですが、特に肌のごわつきが気になる人に向いています。
乾燥が気になったり、化粧ノリを改善したいときにも便利なクレンジング剤です。

 

温かい感触があることで毛穴の汚れや黒ずみ、毛穴の開きを良くします。
肌表面を優しく包み込むので、メイクの汚れを綺麗に落とすことが出来ます。

 

肌に必要な潤いも残してくれるので、肌に優しいのも特徴です。
一般的な化粧落としはメイクだけでなく、必要な水分を奪ってしまうことがあります。

 

また必要な成分を肌に与えることができ、美容効果も期待することが出来ます。
温かいので肌表面が柔らかくなり、美容成分がより浸透しやすくなるのです。

 

次に使うスキンケア用品の浸透も良くなり、肌の健康を守ることが出来るのです。
またジェルの場合は弾力性のある素肌に負担を掛けずに、摩擦を減らして落とすことが出来ます。

 

ホットクレンジングは、まさに”いいとこ取り”の新しいクレンジングなのです。

 

>>おすすめのホットクレンジングはコチラ